ケータリングパーティーを成功させるために抑えておきたいポイント

ケータリングガイド

「冬来たりなば春遠からじ」

ことわざのように、春を前にイベントが盛りだくさんの時期になって参りました。
イベントにつきもののケータリングについて、今回は

1.【ケータリンパーティー成功のための準備のポイント

2.【パーティー当日のポイント

についてご紹介します。

  cater02

1.ケータリングパーティー成功のための準備のポイント

「ケータリングとおもてなしの心」

2020年東京オリンピックの開催が決まり、注目されるようになった日本のおもてなしの心ですが、
そんな「おもてなしの心」が活かされるのが、まさにケータリングの場なのです。

主催者がパーティーに来てくださる参加者に楽しんでいただけるよう、さまざまな心遣いがあって、
ケータリングは初めて成功したものになると言えるでしょう。

では、心づかい、おもてなしの心とは、具体的に何をすることなのか?
難しいことではありません。

  • イベントに参加する方々の好み、年齢層、また社会的な立場などをイメージする

  • イメージにマッチした会場や料理、飲み物などを決める

これに尽きるのです。

<例えば>

  • ご年配の方が多い会では、あっさりしたお料理で質を重視したお食事内容のおもてなしをまた、会場はゆったりと動きやすいレイアウトで、椅子のご用意も忘れずに
  • 若い方がメインの会では、カジュアルにワイワイガヤガヤと楽しめる雰囲気作りを
  • 社外向けのレセプションでは、スタイリッシュかつ質の高い食事内容で参加者を飽きさせない内容を

といった風に開催するイベントをイメージしてみてください。
■■■ご注意■■■
ケータリングのオードブルの量は少なすぎるとかえって失礼になります。
少し余るくらいのお料理内容を準備するのがよいです。
【当社のケータリングの目安ですと、お1人様6~8カットでおつまみ程度、
8~10カットで軽食程度、12~15カットでお腹いっぱいの量となります。】

cater01

2.当日の円滑な進行のポイント

次にご紹介したいのが、
意外と知らない】ケータリング当日の円滑な進行についてです。

イベント当日、
お料理や飲み物がそろったからといって安心していられません。
当日のウィットな対応こそ、主催者の方の腕が試される場であり、
これにより参加者の反応は大きく変わってきます。

例えば、配膳スタイルについてですが、

ケータリングのほとんどが、【サイドビュッフェ形式】と呼ばれるスタイルです。
会場の壁の片側に料理を並べ、好きなものを好きなだけ自由にお取り頂くスタイルになります。

ここで大切なのは、
料理の種類と配置のバランス】です。

料理はただ広げて並べるのではなく、種類ごとに分散して配置することで
一箇所に人が集まって、料理が取りにくいという事態も避けることができます。

料理の種類と配置のバランスで人の流れもスムーズになり、
参加者が常に動きながら、たくさんの人と会話が生まれ、
様々なコミュニケーションが会を楽しいものにしてゆくのです。

以上、今後も皆様のパーティーやイベントの成功のためのサポートをしていければ幸いです。

ケータリング カタログの無料ダウンロード

家族のホームパーティー、仲間内のカジュアルなパーティー
会社の忘年会・新年会やイベントなど活躍するシーンが沢山!
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ケータリングカタログポイント1:お洒落で見やすい選びやすい、人気のカタログ
各ブランドの説明はもちろん、お料理やワインについても
丁寧に情報を記載することで安心して選べます。

ポイント2:見た目だけでなく内容も充実
写真も沢山あるので、料理の内容がイメージしやすい。
眺めているだけでも楽しいカタログ♩
また、「詳細説明や豊富な写真も大事だけどブランド毎に比較したい」
そんなニーズに応えられるようブランドの特徴をまとめたページ

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
2種類からお好きな形でご覧下さい。

今すぐ無料カタログをダウンロード!

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新