花粉症の影響が気になる時期!食事で予防?

食の豆知識

花粉症の時期へと突入し、頭を悩ませている人は少なからずいらっしゃると思います。そんな時、予防が重要で、いろんな対策を施していらっしゃることでしょう。

例えば、手洗い、うがいはもちろんのこと、短い髪型にしたりして家に花粉を持ち込まないようにすることなどが考えられますし、花粉症にメガネを用意したりすることもありかもしれませんね。目薬も手放せませんよね。

しかし、このような対策よりも食事による予防の方が有効であると考えられています。それでは、どうすればいいのか少し紹介していきたいと思います。

花粉症を防ぐために必要なこととは?

  1. 免疫力低下を招く食品の摂取と習慣を控える
    満腹まで食べないようにする→白血球の働きが低下し、殺菌力の低下を招きます。

    • ストレスの多い生活を見直す→過度のストレスによって、神経の細胞が 免疫の働きを抑える物質を放出します。
    • 冷たいものを食べ過ぎないようにする→腸内の善玉が減ることで、免疫の低下が起こります。
    • ファストフードなど食品添加物、動物性タンパク質、脂質を多く含む食品を控える→これらの過度の接収は アレルギーにかかりやすい体質を作ります。
  2. ビタミンやミネラルの多く含む野菜を多く摂取する
    免疫機能を高めてくれるだけでなく、食物繊維を多く含むので、体内の花粉などの異物を体外に排出してくれます。
  3. アルコールや香辛料など、刺激の強いものを摂取しない
    これらの刺激物は鼻中の毛細血管の血流をよくしてしまうので、鼻の炎症を悪化させてしまいます。
  4. ポルフェノールの含む食品の摂取を心がける
    神経を刺激する物質の働きを抑える役割があるのみならず、免疫の向上に役立ちます。

以上が、花粉症予防のために 心に留めておくべき注意点ですが、次は具体的に 何を食べたらいいのかを見ておきましょう。

 

花粉症  イラスト

具体的に何を食べたらいいのか?

  1. ヨーグルト
    乳酸菌が腸内環境を整えるので、体内に異物が入ってきたときに 速やかに排除します。
  2. りんご
    ペクチンもまた、整腸作用があります。
  3. ブロッコリー
    花粉症の発症時に過剰に分泌される、抗体をの働きを抑制するので、花粉症に有効な食材であると言われています。実際に、日本薬学会で行われた、マウスの実験でそのことが立証されたそうです。
  4. にがり
    主成分である、マグネシウムは 炎症が起きた目や鼻の症状を和らげる作用があると言われています
  5. しそジュース
    ポリフェノールの一種である、ロズマリン酸がアレルギー軽減に働きかけるそうです。また、青じそよりも 赤じその方が 有効的みたいです。
  6. 青汁
    免疫力を上げてくれるだけでなく、アレルギーを引き起こす因子を駆除する働きがあるそうです。
  7. レンコン
    こちらにも ポリフェノールが含まれており、免疫の向上を促進します。

このように、食事による予防や対策も大変重要です。 長々と書かせていただきましたが、大切なのは 生活リズムと食事に気をかけ、免疫力を高めておくということです。もし、花粉症になってしまった時に 薬に頼るというのは一手段かもしれませんが、 副作用も少なからずあるということを忘れないでいただけたらなと 思います。 まず、身近なことから始めて行きましょう。

お弁当カタログ無料ダウンロード

高級弁当から会議・セミナーで活躍するお弁当まで盛りだくさん。
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ポイント1:素材の旬に合わせて季節ごとに刷新
2016年 新春カタログ旬の素材をお届けしたくて、逸品弁当の弁当は四季に合わせ
内容を年に4回リニューアルしています。
カタログは慶事や法事、接待など様々なシーンで活躍します。

ポイント2:詳細な説明があって、選びやすい!
約60ページもあるカタログは、各ブランドの説明はもちろんのこと
お弁当1つ1つに対しても詳細に説明をしています。

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「郵送」「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
3種類からお好きな形でご覧下さい。

無料カタログダウンロード

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新