ミートソースとボロネーゼの違いについて調べてみた

食の豆知識

こんにちは、熊谷です。

ランチで食べたボロネーゼが美味しくて、幸せな気分になりました。

スパゲティといえばカルボナーラとかペペロンチーノとかいろいろありますが、

その違いって何?

image

 

ミートソースは日本人にとっては給食でも出るほどの定番。

キューピーの缶入りソースで家族全員でミートソースというのもよく食べました。

ですが、イタリアンを提供してるお店やカフェのランチでは『ボロネーゼ』っていうのとか『ラグーソース』とか言ってるメニューがあって、

実際食べてみると

ミートソースじゃね?

と思うことがよくありまして。

そこでちょっとググって調べてみることにしました。

 

ボロネーゼは文字通りイタリアはボローニャ地方の、肉や野菜をワインで煮込んだラグー(煮込み)をパスタに絡めて食べる料理。

日本ではミートソース=スパゲティというイメージですが、ボロネーゼは平打ちのタリアテッレやフェットチーネで食べられることが多いようです。

 

変わってミートソースは、アメリカ経由で伝わったボロネーゼという説があるそうです。

「ケチャップやトマト多めで甘い」

というのもなんだか納得です。

 

レシピはいろいろなサイトにありますね^^;

イタリア人がこだわるボロネーゼ!正統派のレシピはコレだ!

 

ざっくり言うと、

ミートソースは炒めたみじん切りの野菜と挽肉をケチャップやトマトで煮込むため基本甘い。ワインは少量。

ボロネーゼは挽肉多めでトマトは挽肉のおよそ半量。トマトを入れてワインで煮込むが、甘さは少ない。

 

ということですかね。

ちなみにランチでいただいたのは、

鴨肉を使ったボロネーゼでした。

お肉の旨味が出ていてとても美味しかったです!

image

 

ではでは!

お弁当カタログ無料ダウンロード

高級弁当から会議・セミナーで活躍するお弁当まで盛りだくさん。
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ポイント1:素材の旬に合わせて季節ごとに刷新
2016年 新春カタログ旬の素材をお届けしたくて、逸品弁当の弁当は四季に合わせ
内容を年に4回リニューアルしています。
カタログは慶事や法事、接待など様々なシーンで活躍します。

ポイント2:詳細な説明があって、選びやすい!
約60ページもあるカタログは、各ブランドの説明はもちろんのこと
お弁当1つ1つに対しても詳細に説明をしています。

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「郵送」「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
3種類からお好きな形でご覧下さい。

無料カタログダウンロード

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新