視力低下防止にも 食事は有効的

健康と食事

テレビやゲーム、パソコン、スマホなどの発達のおかげで 私たちの生活はより便利に、そして多様化してまいりました。しかし、その反面、集中して何かを見るということがより多くなるために、目を酷使する機会も増え、そのせいで視力低下をより早めていると言っても 過言ではありません。

もし、これらの技術を諦め、古代的な生活に後戻りするならば 私たちの視力は戻りうるかもしれません。しかし、わたしたち人間は より快適な生活と欲望をカタチにすることで この世界、そして生活スタイルを作り上げてきました。ですから、後戻りするのは無理です。それを認識した上で 視力低下を遅らせたり、回復を期待できるような対策を考えるのが現実的です。

目のことであれば、目医者に聞くと言われてしまうかもしれませんですし、それももっともなことですが、実は食事も 目の健康において非常に重要な役割をになっているのです。前置きが長くなってしいましたが、今回は目と食事の関係について見ていきたいと思います。

目  素材

いろんな栄養素が視力も含め、目の健康を保ってくれる

  1. ルテイン→紫外線を吸収し、網膜の酸化を防いでくれます。白内障や黄斑変性症の予防にも効果的です。
    例)ほうれん草、ブロッコリー
  2. DHA→網膜や視神経の細胞膜や周辺の筋肉を柔らかく保つので、視力低下の原因となる 目の凝固を防ぎます。 また、網膜で受け取った情報脳に速やかに伝達するのを手助けしてくれる。
    例)マグロ、イワシ、サンマ
  3. アントシアン→血流を良くするだけでなく、網膜のロドプシンという細胞の再合成を促進することで 視界を良くしてくれる。
    例)ブルーベリー
  4. ビタミンA角膜の細胞を作るのを促進するほか、角膜自体を保護する粘液の成分となる
    例)うなぎ、あなご、いくら、カマンベール
  5. タウリン→目の網膜にある成分で、網膜を守ってくれる
    例)カツオ、アジ、スルメイカ、ホタテ

目のケアに役立つ、代表的な成分は以上のものです。特に、ルテインやDHAの効用は注目されており、サプリメントや健康食品にも使われているほどです。

もちろん、サプリメント摂取を勧めるために 名前を出させていただいたのではなく、それだけ注目されている成分であることを強調しようという意図でありますので ご注意ください。

仮に、サプリメントを使うことになったしても、副作用を考慮して 過度の摂取をお控えください。また、一汁三菜を基本とするのを忘れてはなりません。

どうでしょうか?食事から摂取する栄養素の重要性を認識していただけましたでしょうか?もちろん、目のことを熟知しているお医者さんにお聞きになるのが、一番ですし、他にもマッサージしたりして 目の疲労をとるといった方法なども考えられますが、 この記事を通して 食という観点からも目のケアをしてみようかというインセンティブを持っていただけたらいいなと考えております。

お弁当カタログ無料ダウンロード

高級弁当から会議・セミナーで活躍するお弁当まで盛りだくさん。
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ポイント1:素材の旬に合わせて季節ごとに刷新
2016年 新春カタログ旬の素材をお届けしたくて、逸品弁当の弁当は四季に合わせ
内容を年に4回リニューアルしています。
カタログは慶事や法事、接待など様々なシーンで活躍します。

ポイント2:詳細な説明があって、選びやすい!
約60ページもあるカタログは、各ブランドの説明はもちろんのこと
お弁当1つ1つに対しても詳細に説明をしています。

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「郵送」「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
3種類からお好きな形でご覧下さい。

無料カタログダウンロード

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新