いつも何気なく飲んでいるコーヒーの効果とは?

コーヒーと聞くとまず、 何を思い浮かべますでしょうか?私は、まず、カフェなどでコーヒーを嗜んでいるサラリーマンたちの光景がありありと浮かんできます。そのくらい コーヒーは毎日 飲まれており、今日では日常生活必需品といっても過言ではないと思います。そんなコーヒーにはどのような栄養と効果があるのでしょうか?調べてみることにしました。

コーヒーの栄養素

チョコレートと同様に、多くの栄養素が含まれているのかと期待していたのですが、コーヒーの液体の99%は水分で、他にはタンパク質と脂質が微量含まれているだけだそうです。

コーヒーの役割

  1. ダイエット効果
    カフェインとクロロゲン酸の両方に脂肪分解機能があるので、ダイエットに有効と言えます。
  2. 便秘解消
    カフェインには腸を収縮する役割のほか 利尿作用があるので、消化が促進され 便が出やすくなります。
  3. 脳卒中と糖尿病の予防
    理由は明確となっていないそうですが、ハーバード大学医学部の研究にいよって 判明したそうです。
  4. リラックス効果
    コーヒーの香りが右脳の情緒を司る部分に働きかけることで、リラックス時によく測定される脳波が発生するそうです。
  5. 眠気解消、集中力アップ
    カフェインが眠気の解消を促し、コーヒーの香りが私たちの脳の働きを活性化するそうです。
  6. ボケ防止
    カフェインが脳の活性化を促すためです。アルツハイマー病の予防にも有効であると化学的に証明されています。

コーヒーもまた 摂取のしすぎは悪影響があります。そのことについてはみなさんご存知でしょうが、確認しておきましょう。

コーヒーの摂取のしすぎによる影響

  • 胃腸を弱らせる
    カフェインには胃液の分泌を促す役割があるがゆえに、胃液が過度に分泌され、胃粘膜に炎症が起こる
  • 肌荒れ
    利尿作用のほか体内のミネラルやビタミンまでも排出してしまう機能を持つので、過度の摂取は肌の維持に必要なそれらの成分がなくなると 肌荒れが起こる。
  • 貧血
    タンニンという成分が鉄と結合する機能をもつので、鉄の吸収が妨げられると言われています。
  • 睡眠に影響が出る
    カフェインによる眠気解消の作用は約4時間続くと言われているので、寝る時間と飲む時間を考える必要がありそうです。

以上がコーヒーのメリットとデメリットです。コーヒーにおいても適量を考えて 楽しむことが必要ではないでしょうか?

お弁当カタログ無料ダウンロード

高級弁当から会議・セミナーで活躍するお弁当まで盛りだくさん。
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ポイント1:素材の旬に合わせて季節ごとに刷新
2016年 新春カタログ旬の素材をお届けしたくて、逸品弁当の弁当は四季に合わせ
内容を年に4回リニューアルしています。
カタログは慶事や法事、接待など様々なシーンで活躍します。

ポイント2:詳細な説明があって、選びやすい!
約60ページもあるカタログは、各ブランドの説明はもちろんのこと
お弁当1つ1つに対しても詳細に説明をしています。

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「郵送」「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
3種類からお好きな形でご覧下さい。

無料カタログダウンロード

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新