コラーゲンが劣化する原因とは

健康と食事

前回、コラーゲンとは何かについて見ていきました。
そして本日は体にとって大事なコラーゲンが劣化していく原因を紹介します。
先に主な原因をお知らせすると下記の4つになります。

  1. 加齢
  2. 食生活の乱れ
  3. 紫外線
  4. 生活習慣

それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

コラーゲン

加齢

真皮の70%を占めるコラーゲンは様々な結合組織と複雑に絡み合いながら
お肌の弾力を保ち、水分を抱き込んでお肌のみずみずしさを保っています。
しかし、このコラーゲンは加齢とともに徐々に弾力を失い、みずみずしさも
衰えていきます。これは加齢による新陳代謝の低下とともに新しく造られる
コラーゲンの量が減少してしまうのが原因です

食生活の乱れ

コラーゲンはアミノ酸が繋がって繊維上に構成されたタンパク質です。
体内で効率よくコラーゲンが合成されるためには、コラーゲンの原材料になる
良質のタンパク質と、コラーゲンを合成するための補酵素”ビタミンC”が
必要です。これらの栄養素を含め栄養バランスが乱れた食生活を続けていると
コラーゲンの生成量が低下して、だんだんとお肌は弾力と潤いと失っていきます。
この状況が続けば、当然シワやたるみが増えてきます。

紫外線

コラーゲンの大敵は紫外線です。特に波長の長いUV-Aは真皮の奥まで侵入してきて
お肌のハリを保っている大切なコラーゲン繊維をズタズタに破壊していきます。
コラーゲンの破壊がすすんで、コラーゲンの生産量が少なくなると、お肌は弾力を
失って水分保持力も低下して、シワ・たるみがますます進行します。
南国では真っ黒に日焼けしてシワの深い方が多いのは、紫外線でコラーゲン繊維が
破壊されているのが要因だと言われています。

生活習慣

ストレスや睡眠不足、疲労によって、体内でコラーゲンの生成に必要な
ビタミンCは激しく消費されます。飲酒や喫煙もビタミンCをはじめとする
必須栄養素を激しく消耗します。慢性的な生活習慣の乱れは、徐々に
コラーゲンの劣化を進行させていきます。

・・・

加齢は仕方が無いとしても、
それ以外は自分の気持ち心持ち次第なんとかなるものばかりです。
いつまでも若々しく健康でいるためには努力や節制が必要。
ということですね。

*スマホ用ページはこちら

お弁当カタログ無料ダウンロード

高級弁当から会議・セミナーで活躍するお弁当まで盛りだくさん。
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ポイント1:素材の旬に合わせて季節ごとに刷新
2016年 新春カタログ旬の素材をお届けしたくて、逸品弁当の弁当は四季に合わせ
内容を年に4回リニューアルしています。
カタログは慶事や法事、接待など様々なシーンで活躍します。

ポイント2:詳細な説明があって、選びやすい!
約60ページもあるカタログは、各ブランドの説明はもちろんのこと
お弁当1つ1つに対しても詳細に説明をしています。

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「郵送」「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
3種類からお好きな形でご覧下さい。

無料カタログダウンロード

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新