春野菜を心がけて摂取しよう

健康と食事

だんだん春らしさを感じる季節になってきましたね。
しかし、春は健康状態が崩れやすい時期であると言われています。
春野菜を摂取して、健康管理を心がけていきましょう。
今日は春野菜について見ていきたいと思います。

春野菜とは?

冬を越してたくましく成長し、春に成熟する野菜の総称のことです。

春野菜の種類と効果とは?

春キャベツ

  • ビタミンC
    肌の老化を防いだり、肌に弾力を与えるほか、体内の代謝を促進する役割を持ちます。
  • ビタミンU
    胃腸粘膜の新陳代謝の促進をします。胃腸は第二の脳と言われているので、胃腸のケアも欠かせません。
  • カリウム
    主に血圧調整をする役割があります。
  • カルシウム
    神経の機能をを正常に保ち、イライラする気持ちを抑えたり、うつの予防に効果があります。

菜の花

  • カロチン
    免疫を高めるので、風邪と口内炎の予防に最適であるといわれています。
  • カルシウム
    上記と同様
  • カリウム
    上記と同様

  • 酸素を運搬する機能を持ちます。不足してしまうと、集中力低下や頭痛、めまい、倦怠感などの症状が出てしまいます。

新玉ねぎ

  • カリウム
    上記同様
  • 硫化アリル
    血液をサラサラにする効果のみならず、善玉コレステロールを増やしてくれるので、動脈効果や心筋梗塞などを防ぐ効果も期待出来ます。

アスパラガス

  • ビタミンB1
    疲労の原因となる乳酸の排出を促進するので、疲労回復が見込まれます。また、神経の機能を正常に保つ機能も見逃せません
  • ビタミンB2
    細胞の発育と機能を正常に保つので、不足してしまうと、口内炎や目の充血やかゆみなどが発症してしまいます。

たけのこ

  • タンパク質
    エネルギーを生成する栄養素ですので、不足してしまうと、思考低下や免疫低下などの症状が出てしまいます。
  • カリウム
    上記同様
  • 食物繊維
    便秘の解消をはじめとして 血糖値の上昇を防いだり、コレステロールの排出を促進する機能などがあります。

家族  健康 イラスト

上記の春野菜は一部で、栄養素も代表的な物のみにとどめております。しかし、上記だけでも 様々な効果が期待できるとお分かりになると思います。体調が崩れやすく、自律神経も疲れ果ててしまう春だからこそ、いつにもまして 健康的な食事を心がけてみてはいかがでしょうか?

 

お弁当カタログ無料ダウンロード

高級弁当から会議・セミナーで活躍するお弁当まで盛りだくさん。
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ポイント1:素材の旬に合わせて季節ごとに刷新
2016年 新春カタログ旬の素材をお届けしたくて、逸品弁当の弁当は四季に合わせ
内容を年に4回リニューアルしています。
カタログは慶事や法事、接待など様々なシーンで活躍します。

ポイント2:詳細な説明があって、選びやすい!
約60ページもあるカタログは、各ブランドの説明はもちろんのこと
お弁当1つ1つに対しても詳細に説明をしています。

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「郵送」「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
3種類からお好きな形でご覧下さい。

無料カタログダウンロード

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新