運動に水分補給は欠かせないのは当たり前???

前回は運動の効果につい見ていきました。今回は水分補給(スポーツ飲料)について見ていきましょう。当たり前すぎることですが、復習して心に留めておくことが大切です。

スポーツ飲料の重要性

  • 汗で失われる水分の補給
    運動時には1時間で1リットルほどの汗をかくと言われています。このような状況のなかで 水分補給をしないと 健康に悪影響があります。
  • 水分とスポーツのパフォーマンスは関係している
    • 1%の低下…パフォーマンスの低下が始まり、徐々に動きが鈍くなる
    • 2%の低下…喉の渇きを覚えるようになり、パフォーマンスは確実に低下するものの自覚症状は少ない
    • 3~4%の低下…疲れや苦しさが出てきて、自他ともにパフォーマンスの低下を認識するようになる
    • 5%以上の低下…吐き気やめまいなどが生じ、危険な状態に。スポーツを続けることが難しくなる 
  • 脱水症の危険を避ける
    脱水症状になることで、血液量が減り 血圧が下がります。 そうなると、循環が悪くなるので 消化器や肝臓の働きの低下を起こすだけでなく、脳への流血も減るので 集中力が低下します。 また、同時に電解質が足や筋肉から低下するので 足のしびれやつりが起きることがあります。

水分補給のコツ

  • 運動前後の体重をを計って 極端な体重の変化がないかを確認する
    もし、極端な変化があれば 水分が不足していたということですので 次の運動時に気をつけましょう
  • ハイポトニック飲料とアイソトニック飲料を飲み分ける 
    • アイソトニック飲料
      人の体液に対して、等張掖である飲料のことで、運動後に摂取するのが好ましい。この飲料のメッリットは 人体組織や細胞、血液への吸収速度が早いことです。
    • ハイポトニック飲料
      平常時の体液に対して、低張である飲料のことを指し、運動時に飲むことが望まれる。運動時は体液の濃度が下がるので、その濃度にできるだけ近づけることで、 吸収効率はより高まる。一般的には アイソメトリック飲料を約2~3倍に薄めるとハイポトニック飲料の濃度になる。

私事ではありますが、小学生のときにサッカーのハーフタイムでスポーツ飲料を極端に薄めたものを飲まされた記憶があります。このようなことを考えた上で飲まされていたのだと当時は思ってもみませんでした。

  • 喉が渇く前に飲む
    喉が渇いたと感じる時は 既に体が水分不足の状態です。

以上が水分補給のコツです。運動、スポーツをより楽しく、安全なものとするために 水分補給の重要性をもう一度確認しておきましょう。

お弁当カタログ無料ダウンロード

高級弁当から会議・セミナーで活躍するお弁当まで盛りだくさん。
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ポイント1:素材の旬に合わせて季節ごとに刷新
2016年 新春カタログ旬の素材をお届けしたくて、逸品弁当の弁当は四季に合わせ
内容を年に4回リニューアルしています。
カタログは慶事や法事、接待など様々なシーンで活躍します。

ポイント2:詳細な説明があって、選びやすい!
約60ページもあるカタログは、各ブランドの説明はもちろんのこと
お弁当1つ1つに対しても詳細に説明をしています。

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「郵送」「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
3種類からお好きな形でご覧下さい。

無料カタログダウンロード

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新