水を飲み分けよう

健康と食事

先日は水の重要性について取り上げさせていただきましたが
今回はミネラルウォーターの観点から見て行きましょう。

硬水  軟水

ミネラルウォーターとは?

地下水や湧水などの総称です。

ミネラルウォーターの種類は?

  • 軟水
    マグネシウムとカルシウムの含有量を少ないものを指します。沖縄の一部を除いて 日本ではこの軟水となっています。というのも、日本は急な山も急で、平野が少ないので 地下水が地中のとどまっている時間が少なく、 ミネラル成分が溶け込まないからです。
  • 硬水
    軟水とは逆に マグネシウムとカルシウムの含有量が多いものを指し、ヨーロッパや北米はこちらが 主流です。ご存知のとおり、海外の山々はなだらかな山が多く、平野が広いので 地下水はより長い時間 地下に留まり 多くの鉱山物質を吸収します。

どのような特徴があり、どのような使い方をすればいいか?

軟水

  • さらっとして 飲みやすい
  • 旨みを引き出しやすいので 日本食に適している
    煮炊きをすることに適しており、特に お米を炊くときに 大変有効です。
  • 日本茶や紅茶などを作る際も よく味が出ます。
  • 肌や髪に優しい
    肌の毛穴が小さくなったり、髪がツヤツヤになったりします。
  • ダイエットにも適している
    代謝を活性化し、汗や尿として老廃物を排出しやすくします。

硬水

  • どっろとして コクがある
  • 豊富なミネラルは代謝を高めるので お通じを良くします
    いくらお腹の調子を整えるのに最適だからといって飲み過ぎるのは禁物です。お腹を壊す原因になります。
  • 運動後に飲むのに適している
    足がつったり、筋肉が痙攣を起こすのを予防してくれます。
  • むくみを解消してくれます
    むくみの原因となる、ナトリウムを体外に排出してくれます。
  • 炭酸入りの硬水は疲労回復に有効
    重炭酸が 体内の疲労物質である 乳酸と結びつき、体外に排出されます。

以上のような、特徴がそれぞれあります。 私たちは軟水に親しんでいるので 水に違いなんかあるのかと思ってしまいがちですが、かなり違いがあるそうです。まず、飲んだときの 舌触りが違いますし、人によっては 硬水が体質にまったく合わないという方もいらっしゃるそうです。しかし、硬水にもメリットがあり、使用の適性があるということを忘れないで頂きたいです。まずは どの硬度の水が自分の体質に適しているのか 探してみることから始めてみましょう

関連する用語集

お弁当カタログ無料ダウンロード

高級弁当から会議・セミナーで活躍するお弁当まで盛りだくさん。
メールアドレスの入力だけで資料ダウンロード用のページをメールにてご案内します。

ポイント1:素材の旬に合わせて季節ごとに刷新
2016年 新春カタログ旬の素材をお届けしたくて、逸品弁当の弁当は四季に合わせ
内容を年に4回リニューアルしています。
カタログは慶事や法事、接待など様々なシーンで活躍します。

ポイント2:詳細な説明があって、選びやすい!
約60ページもあるカタログは、各ブランドの説明はもちろんのこと
お弁当1つ1つに対しても詳細に説明をしています。

ポイント3:お好きな形式でカタログをご覧いただけます。
「郵送」「PDFダウンロード」「デジタル カタログ」の
3種類からお好きな形でご覧下さい。

無料カタログダウンロード

SNSへの登録も是非お願いします!

ほぼ毎日更新