この記事では研修のときのお弁当の種類や選び方を解説していきます。
長丁場になることも多い研修では、休憩の際のお弁当選びが重要です。
また社外の人が来ることもあるのでお弁当の内容にも注意しなければいけません。
記事では研修でお弁当の決め方や購入した場合の勘定科目の種類も解説するので、初めて大量発注を任された人でも安心です。
この記事を読めば、研修時のお弁当の選び方から経理上の処理まで成功させることができるでしょう。

研修でのお弁当の選び方

お弁当は研修の規模や予算に合わせて選ぶことが重要です。
研修の内容にもよりますが、豪華すぎるものよりは1,000円台のお弁当のほうがいいかもしれません。
参加者の年齢や性別から好みの傾向を割り出し最適なお弁当を選びましょう。
念のためお箸やおしぼりを多めに用意したり、飲み物はこぼさないようペットボトルにするなど配慮が必要です。
最も大事なのは研修の邪魔にならないことなので、配達時の受け取りや後片付けがスムーズにいくように気をつけてください。
特に後片付けについてはゴミ袋をあらかじめ用意しておいたり、業者の容器回収サービスを利用するなど工夫しましょう。
実際にどんなお弁当が企業の研修で人気なのかリサーチしておくことも大事なポイントです。

研修で選ばれるおすすめの仕出し弁当10選

①上海風中華弁当

リーズナブルでありながら肉も野菜もたっぷりの中華御膳です。
仕出し弁当では和食や洋食はもちろんですが、中華風のものも人気になっています。
このお弁当には鶏肉ピーマンの醤油味炒めやえびのチリソース、五目入りチャーハン、胡麻団子、漬け物などが入っています。
多くの味が楽しめて、なおかつヘルシーなメニューです。
上海風中華弁当」¥1,580(税込)
上海風中華弁当

②黒毛和牛すき焼き【上】

肉のクオリティはもちろん、関西風の味付けにも徹底的にこだわったお弁当です。
メインの牛肉には5ランクの仙台黒毛和牛を惜しみなく使っており、しいたけや豆腐、ねぎ、温泉卵といった脇を固める食材にもこだわっています。
このお弁当はこだわりの関西風専用タレにつゆだくにして楽しみましょう。
牛肉を包む半熟卵も絶品です。
黒毛和牛すき焼き【上】」¥1,620(税込)
黒毛和牛すき焼き【上】

③ドメーヌ特製弁当

肉質と柔らかさにとことんこだわった柔らかステーキがメインのお弁当です。
ステーキの他、白米やバーニャカウダ-、サラダ、卵焼き、デザートが入っています。
リーズナブルながら肉質のいいステーキと季節に合った旬な野菜が盛り込まれています。
口直しにいただけるデザートも旬なもの入っており、バランスよく楽しめるでしょう。
ドメーヌ特製弁当」¥1,620(税込)
ドメーヌ特製弁当

④ちりめん彩り三段御膳

手作りで丁寧に真心こめて作られた特製の三段御膳です。
仙台牛すき焼きの他、椎茸や人参、高野豆腐、かまぼこ、ちりめんゆかりご飯、クラゲ生姜などたくさんの料理が楽しめます。
本格的な味をお手頃価格で楽しめるお弁当は、研修の場にもおすすめです。
彩り豊かなちりめんゆかりご飯は見栄えも鮮やかで、食欲をそそります。
ちりめん彩り三段御膳」¥1,836(税込)
ちりめん彩り三段御膳

⑤ポークフリット弁当

豚肉のポークフリットとたっぷりのご飯を合わせて楽しめるお弁当です。
味、ボリュームともに満足間違いなしの洋食弁当は研修にも人気となっています。
お米にはポークフリットの他、コーンやグリーンピース、お漬物などが添えられています。
お肉と一緒にがつがつご飯を食べ進めたい人におすすめできるメニューといえるでしょう。
ポークフリット弁当」¥1,080(税込)
ポークフリット弁当

⑥あなご佃煮稲荷寿司

手頃な値段で、サイズ的にも食べやすい手軽な稲荷寿司です。
ミシュラン東京の常連であるあなご屋銀座ひらいの中でもリーズナブルなお弁当になっています。
あなごの佃煮と雑穀米、油あげから成る稲荷寿司は絶品です。
卵焼きや蒲鉾なども添えられています。
研修の合間の食事としてもお手軽に楽しめるので人気となっています。
あなご佃煮稲荷寿司」¥1,199(税込)
あなご佃煮稲荷寿司

⑦若鶏の竜田揚げ膳

手作りにこだわった若鶏の竜田揚げ弁当です。
幕の内風に仕上げたお弁当はボリューム、価格ともに満足できるでしょう。
若鶏の竜田揚げの他にはマカロニサラダや豆サラダ、卵焼き、マリネ、ご飯が盛り付けられています。
丁寧に仕上げたお弁当は研修の合間にも最適です。
ジューシーな竜田揚げとサラダ類がバランスよく入っており、栄養価も高くなっています。
若鶏の竜田揚げ膳」¥1,296(税込)
若鶏の竜田揚げ膳

⑧永代(えいたい)

長手膳の中に見栄えのよいおかずや炊き込みご飯が入ったお弁当です。
炊き込みご飯の他には赤魚や唐揚げ、煮物が入っています。
懐かしさを感じられる炊き込みご飯の味わいは多くの人に好かれるでしょう。
炊き込みご飯や煮物は出汁にもこだわっています。
持ちやすい長手膳に盛られたお弁当は研修時の食事にもおすすめできます。
永代(えいたい)」¥1,404(税込)
永代(えいたい)

⑨水蓮(すいれん)

焼き鮭とアジの大葉フライを中心に三種類のご飯などが繊細に盛り付けられた一品です。
その他、玉子焼やウインナー、昆布煮、うぐいす豆、錦糸卵などが入っています。
白米以外にも2種類のご飯が楽しめるお弁当は珍しく、上品な見た目も魅力的です。
どれも王道的な料理でどなたでも楽しめるので、研修のお弁当には最適でしょう。
水蓮(すいれん)」¥950(税込)
水蓮(すいれん)

⑩鯖西京焼き

ランチには最適な鯖の西京焼きが入ったお弁当です。
お店こだわりの魚弁当にはあさりご飯や煮物、錦糸卵は盛り付けられています。
リーズナブルな値段とおいしさで人気となっており、研修時にもおすすめです。
ご飯が進む西京焼きは塩分控えめで、栄養バランスも考えられています。
おいしくて手軽に味わえる鯖西京焼きは多くの人に楽しんでもらえるはずです。
鯖西京焼き」¥756(税込)
鯖西京焼き

研修で弁当を購入したときの勘定科目

研修時のお弁当の費用はどの勘定科目で処理すればいいのでしょうか。
そもそも勘定科目とは経費を考える際に処理を分かりやすくするためのものであり、常識の範囲内であれば特に名称の指定はありません。
ですが社外的に分かりやすく処理するためには社内でも一定の基準が必要です。
一般にお弁当のような飲食費は会議費、交際費、福利厚生費のいずれかに分かれます。
会議費は文字通り会議の際の飲食に対する費用であり、アルコール類が含まれていたり、場所が会議にふさわしくない所の場合は会議費にはなりません。
交際費は社外の人との飲食の場合の科目です。こちらは接待の意味合いが強いでしょう。
研修でお弁当を購入したときの勘定科目は3つ目の福利厚生費になります。
これは社内の多くの人が対象の飲食費の場合ですが、一人当たりの金額があまりに高額だと当てはまらないこともあるので気をつけてください。

まとめ

魚料理や肉料理、和食や洋食から中華まで数多くのお弁当を紹介してきました。
研修のお弁当は参加者の好みをリサーチしておくことが重要です。
その上で食事そのものだけでなく、お弁当の受け取り作業や後片付けもスムーズにできるよう準備しておきましょう。
記事では経理上の勘定科目の処理についても解説しました。
研修の際の一般的な例になるので参考にしてみてください。
この記事を読めば研修を無事成功させることができるはずです。
あなたが研修で選びたいのはどのお弁当ですか。
この記事が参考になった方は是非シェアをお願いします。